剃刀でセルフムダ毛処理する時に注意すること!

剃刀

ムダ毛処理は女性にとって必須の習慣ですが、カミソリを使ったムダ毛処理は肌を痛めてしまうことがあります。ムダ毛処理の方法は毛抜きで一本ずつ抜くという方法やサロンやクリニックのレーザーなどで処置してもらう方法がありますが、そうした数あるムダ毛処理の中でもカミソリは手間も少なく、スピーディーに毛を剃ることが出来ます。

こうしたメリットから日常的にムダ毛処理にカミソリを使っている方も多いのですが、カミソリで毛を剃っている時には同時に肌の角質も剥がれてしまいます。角質が剥がれてしまった肌は炎症を起こしやすく、乾燥やかゆみを伴った症状を発症することがあります。

いわゆるカミソリ負けという状態ですが、日常的にこうしたカミソリによるダメージが蓄積されると、色素沈着や毛穴の広がりなど様々な肌トラブルを引き起こすことがあります。

もちろん刃こぼれの無い適切なカミソリを使い、シェービングジェルなどで適切なケアを行えばこうした肌トラブルも起こりにくいのですが、肌の弱い方や間違ったカミソリの使い方をしてしまうと、上記に挙げたような肌トラブルが深刻化してしまうことがあります。

カミソリを使用してムダ毛処理を行う際にボディソープや石鹸を使う方がいらっしゃいますが、これらは肌にとっては非常にリスクのある行為です。石鹸やボディソープはそもそも洗い流すことを前提に作られているので、肌に乗せた状態でカミソリを使用してもすぐに流れ出てしまいます。

そのため見た目上は肌にボディソープや石鹸の泡が残っているように見えても、ほとんどが流されている状態なので、素肌に直接カミソリを当てているのと変わらない状態になってしまいます。

こうした行為は当然肌をケアするためにはタブーなので、カミソリを使ったムダ毛処理にはシェービングジェルが必須になります。シェービングジェルは石鹸などと違い、カミソリの刃の滑りがスムーズにして、肌が傷つきにくくなります。

肌に引っかかるようなムダ毛処理は炎症やカミソリ負けの大きな原因となってしまうので、後の肌トラブルを避けるためにも、ぜひシェービングジェルを使用して安全にムダ毛処理を行って下さい。

ムダ毛処理は多かれ少なかれ肌にダメージを与えてしまいますが、その後の保湿などのケアによって肌へのダメージを大きく改善出来ます。

カミソリでムダ毛を処理した後は肌が敏感になっているので、その後は熱い湯船には浸からずに、シャワーなどでシェービングジェルを洗い流します。その後も放置するのではなく、ローションやクリームなどを使ってしっかりと保湿することが重要です。

カミソリを使用した後の肌はバリアが一時的に崩れ、外部からのダメージに弱くなってしまうので、こうしたローションやクリームで保湿することにより乾燥を防ぎ、後の肌トラブルを避けることが出来ます。

またこの際にはアルコール系の化粧品は避け、肌への刺激の少ない低刺激タイプのものを使用することをおすすめします。

こうしたムダ毛処理後の適切な保湿ケアによりカミソリによるダメージを改善することが出来ますが、ヒリヒリする際には冷たいタオルで覆い隠すように冷やせば肌の炎症を沈めることが出来るのでぜひお試し下さい。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です